読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

文化学園服飾博物館/「ヨーロピアン・モード2013」

刀剣博物館から15分弱歩いて文化学園服飾博物館へ!
 
ぐるっとパスで入館料は500円→無料です。
こちらの博物館は平日に行くと、
文化学園の生徒さんが授業で来ているのとぶつかります。
f:id:shikibu56:20130417110543j:plain
 

 

展示は「ヨーロピアン・モード2013」
ヨーロッパの女性モードに注目して時代ごとに紹介してくれます。
18世紀ロココから1970年代まで大体10年毎に区切って、
社会的な背景も紹介してくれます。
技術的に絹地に細かいプリントできるようになったとか、
アール・ヌーヴォーだから服のラインも曲線強調とか、
戦時中だから布地を少なくだとか。
 
ロココのスカートの張り出しやクリノリンの大きさとか実際見ると凄いですよね。
エンパイアスタイルの白木綿のモスリンはとてもロマンチック。
時代を追って見られるので、変化がわかりやすいです。
50年代ディオールの黒のイブニングドレスがものすごくラインが綺麗。
一度着てみたいものです。
 
1階の展示室ではオードリー・ヘップバーンやダイアナ妃など有名人にまつわる
ドレスや染織品を紹介してくれています。
 
文化学園服飾博物館
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目22−1  新宿文化クイントビル
03-3299-2387
広告を非表示にする