式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

35.目黒区美術館

 

訪問日 2012/11/11

訪問順 69

入館料 600円

交通費 0円

 

雨で外出が億劫だったので、家から徒歩の目黒区美術館へ。

4時半過ぎてから行ったので暗いし、天気悪いしで空いています。

こちらへ来るのは3回目くらい、図書館の横なのでいつも通っています。

目黒駅からは徒歩10分くらいですね。

 

今回の展示は「もうひとつの川村清雄展」

江戸東京博物館の川村清雄展と同じ企画です。

そちらは、お金がかかるのでみていないのです(;´∀`)

明治以降最も早い時期に渡欧した画家さんとのこと。

油彩で描いていますが、キャンバスだけでなく金箔下地や木、朱塗に黒塗りと

に描かれている上、モチーフも故事や水墨画的風景、動物など結構日本的。

私はやっぱり動物が好き(´∀`*)

山種美術館や松岡美術館で日本画の動物を見ていますが、

油彩で描かれていると結構違いますね、立体感とか。

朱塗に白いオウムが描かれている作品は漆の朱とオウムの対比が目に鮮やか。

黒塗りに木目が透けている素材に雀が描かれているのも、木目の感じが素敵でした。

パンフレットにもなっている「村上彦四郎(村上義光 錦御旗奪還図)」は

屏風仕立ての金箔下地の一部に額縁のように絵が描かれていて面白かったです。

装幀のリトグラフはユニークな図版も多く楽しめました。

江戸東京博物館の展示も行けばよかったー(´;ω;`)

 

 

 

目黒区美術館

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36

tel.03-3714-1201 fax.03-3715-9328

http://mmat.jp/

 

広告を非表示にする