式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

日中友好会館/「暮らす・装う・彩る 中国少数民族衣裳展」

会期が終わってすっかり時間が経ってしまいましたが、

2月、飯田橋日中友好会館内の美術館で行われた

「暮らす・装う・彩る 中国少数民族衣裳展」に行ってきました。

 

f:id:shikibu56:20140225165231j:plain

f:id:shikibu56:20140225164028j:plain

 

今回の展示は京橋にある「アートスペース繭」の代表

梅田美知子さんのレクションということです!

 

展示の撮影OKな上に、一部の布は触ることもできるという太っ腹な展示でした。

 

展示されていたのは国民を56民族に別ける民族識別工作でいう

ミャオ族やイ族、チワン族などの南の方の少数民族の衣装。

 

写真は撮ったもののどれが何処のものだか分かるように

撮らなかったため、ちょっと考えながら整理していかなければなりません…

 

写真がどうにも下手で実物の良さが伝わらないですが、

取り急ぎ、写真だけ。ガラスの写り込みがなければもう少しマシなんですけど。

 

f:id:shikibu56:20140225160203j:plain

f:id:shikibu56:20140225160404j:plain

f:id:shikibu56:20140225160512j:plain

f:id:shikibu56:20140225160759j:plain

f:id:shikibu56:20140225160850j:plain

f:id:shikibu56:20140225161217j:plain

f:id:shikibu56:20140225161715j:plain

f:id:shikibu56:20140225162206j:plain

f:id:shikibu56:20140225162836j:plain

f:id:shikibu56:20140225163344j:plain

f:id:shikibu56:20140225164115j:plain 

f:id:shikibu56:20140225161534j:plain

 

中国に行った際に、

少数民族の古布を販売するお店をチラホラ見かけました。

これほど手の込んだもの衣装は今後作られることは殆ど無いでしょうし、

この先、入手することはどんどん難しくなっていくんでしょうね。

 

今、これだけ質の高いものを見られるのもコレクションしてくださる方がいるおかげ。

自分もお金とスペースが持てるようになったら色々コレクションしたいものです。

 

 

日中友好会館

〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3後楽国際ビル1F

03-3815-5085

http://www.jcfc.or.jp 

広告を非表示にする