式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

石川県立航空プラザ

諸事情により小松空港で時間が空いたので周辺探索。

空港から徒歩5分のところに「航空プラザ」なるものがあります。

何はともあれ行ってみました。

f:id:shikibu56:20131106124357j:plain

大きい!
そしてうれしい入場無料です。
駐車場が一杯なので混んでいるんでしょうか?
 
公式HPによるとこちらの施設はこんな感じ。
石川県立航空プラザは、グライダーからジェット機まで揃った日本海側唯一の航空機の博物館です。
見て、聞いて、さわって航空文化を体験できる施設をめざしています。

そう、偽りなしでした。

展示機の詳細は公式HPにありました。

グライダーの実物なんかも展示してあります。

 

 

f:id:shikibu56:20131106124406j:plain

1階はこんな感じ。

この写真は奥にあるT-2の展示場所から獲ったものですので、

入っていない部分も多いです。

なるほど、屋内に遊具があるから家族連れが遊びに来ているんですね。

だから駐車場もいっぱいと。

展示コーナーはそこまで混んでなかったです。

 

こちらの博物館、有料ですがフライトシュミレーターもあります。

戦後初めて国産したプロペラ型旅客輸送機YS-11A型機のフライトシミュレータ―。

古いものですが、実際に使われていたものです、すごい。

この日はたまたま故障中で体験できず。

 

2階には飛行機の歴史や仕組みがわかるような展示。

実際の航空機を間近で見て、知ることができるのは貴重ですね。

 

特別、機械オタク、軍事オタクではありませんが、

飛行機とか船とか大きい動くものは機能美満載なので好きです。

 

f:id:shikibu56:20131106124422j:plain

外に出ても展示機が。

対潜哨戒ヘリコプター シコルスキーHSS-2B ちどり

全天候飛行能力を持つ大型対潜ヘリコプター、でっかい。

展示の機体は1983年に三菱重工業で製造、

1995年に海上自衛隊館山航空基地を最後に退役したそうです。

このちどりさん、もはや廃墟と同様の味わいがあります。

なかなかのくたびれっぷりです。

中への立ち入りは自由。

f:id:shikibu56:20131106124414j:plain

屋外展示って…残酷ですね…

窓ガラスは割れ、電子機器にも土ぼこりが積もっています(´;ω;`)

 

建物内にはANAやJALの提供の展示もあります。

ミュージアムショップでは自衛隊や航空会社関係のグッズが売っていて

そちらを眺めるのも楽しいです。

 

f:id:shikibu56:20131106124436j:plain

こちらは小松空港の送迎デッキ(大人50円)からの眺め。

航空自衛隊小松基地と滑走路が共用なので、

訓練中のF-15的なものが離陸していくところが見られました!

爆音!マフラーのついていない車みたいなもの?

旅客機が離陸していくところも見られましたが、速さや音が全然違いますね。

翼の大きさやエンジンも全然違うんでしょうけど。

日本海に出てからエンジン全開で飛ぶそうです。

よく聞いているとボンという音がするそうで。

 

戦闘機が飛ぶため、小松空港も航空プラザも時々うるさいです。

f:id:shikibu56:20131106124447j:plain

こちらは中国東方航空の旅客機。定刻出発してゆきました。
 
 
石川県立航空プラザ
石川県小松市安宅新町丙92番地(小松空港前)
Tell :0761-23-4811 Fax  :0761-23-4818
広告を非表示にする