読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]/「ライゾマティクス inspired by Perfume」

会期も終了間近の「ライゾマティクス inspired by Perfume」展へ行ってきました。

 

会場は初台駅直結、東京オペラシティICC

こちらはオープンスペース含め入り口も撮影禁止、厳しい(´・ω・`)

 

特別展の「ライゾマティクス inspired by Perfume」展は入場料500円。

今回はミューぽん利用で100円引きの400円に!

 

今回の展示は株式会社ライゾマティクスとPerfumeのために行った演出に関する内容。

私はPerfumeの楽曲を少し聞く程度でライブ映像などはあまり見たことがありません。

そんな状態で展示を見に行っているのでファンの方とは違う感想になりますね。

 

公式HPにはこのような紹介が。

 

クリエイター集団ライゾマティクスが手がけるPerfumeの先端メディアによる演出術の全貌

 

ライゾマティクスは,若者を中心に絶大な支持を得るテクノポップユニットPerfume(パフューム)の舞台演出のテクニカル・サポートのほか,プログラミングやデヴァイス制作などによる先端メディアを用いた舞台やMVなどの演出,また美術館などでのメディア・アート作品の展示によって,エンターテインメントとアートの境界を横断する数多くのプロジェクトを手がけるクリエイター集団です.3Dスキャン,データ・ヴィジュアライゼーションウェアラブル・コンピューティングといった最新メディア・テクノロジーを駆使しつつ,これまでにない斬新かつ洗練されたアイデアによる演出は世界中から注目を集めています. 

 

会場内はPerfume効果か、いつも結構空いているICCとは思えない混雑っぷりです。

展示作品は5つなのですが、15人づつ入れ替え制や1人づつの体験のものがあり、

それが混雑の元となっているようです。

 

 

《Spring of Life》という曲のための衣装が少し面白かったです。

楽曲に合わせて内蔵ライトがパターン点灯するというもの。

ミュージックビデオ、MTVミュージックビデオアワード、紅白歌合戦の3パターンがが展示されていました。

同じ年に作られた3パターンの衣装ですが、どんどん工夫されている様子がわかります。

LEDライトの並び方が線から面になったり、電源が有線からバッテリーになったりと。

 

他にも衣装の展示がありました。

Perfume初のヨーロッパ・ツアーのために作られた《Perfume WORLD TOUR 2nd intro》

 

ダンスするPerfumeの身体をリアルタイムでトラッキングし,身体と衣装のパーツごとに認識して,動く衣裳や身体にぴったりと合うようプロジェクション・マッピングを行なっている.また衣装自体にも,可動する仕掛けが折り込まれており,モーターをワイヤレスで制御することで変形する.このために衣装のプロトタイプが10種類制作された.パフォーマンス中は,画像解析,映像生成など,8つの異なるプログラムが連動して稼働している.

 

ただ《Spring of Life》も《Perfume WORLD TOUR 2nd intro》も、

実際に着用された際の映像がモニターで流されていたりしないので、

面白さや凄さが伝わりにくかったのが残念です。

ファンの方は予め見ているからいいんでしょうけどね。

 

全体としては混んでいる割に展示作品の数も少なく、500円の入場料は少し高いと感じました。

 

気を取り直して「オープン・スペース2013」。

こちらは通年の展示でなんと入場無料!

いくつかの作品は固定ですが、毎年展示内容が変わります。

メディア・アート作品が多く見られる楽しい場所です( ´∀`)

 

今回、特に面白かったのはティル・ノヴァク《遠心力体験装置》と、

evala+鈴木昭男《大きな耳をもったキツネ》。

 

《遠心力体験装置》は架空のドキュメンタリーに基づいた作品。

CGと実写の合成で作られた、

遠心力を感じることが目的の遊園地のトンデモアトラクション映像とその設計図。

なんにも考えずに視覚的に面白い映像です。

 

《大きな耳をもったキツネ》は無響室で行われる作品、予約制です。

特別展が混んでいたので心配でしたが、

午後イチに行って最終ギリギリの回の予約になんとか間に合いました。

「ライゾマティクス〜」の会期が終わればもっと余裕ができそうですね。

 

無響室に入れる経験なんて日常ではほとんどありません、それだけで貴重です。

そればかりかこちらの作品は1人づつ体験!しかも真っ暗!!

そんな空間でスピーカーから流れる音での音響新体験。

目を開いても何も見えないし、本当に体中が耳になったみたいです。

流れる音はフィールドで採取した音と創作楽器の演奏の2種類でしたが、

今後追加されていくようなのでそれも楽しみです。

 

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC

〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー4階

 0120-144199

http://www.ntticc.or.jp