読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

目黒区美術館/「佐脇健一展 未来の記憶」

2013年度ぐるっとパス購入です!

今回はコンプリートはしませんが、ぼちぼち周っていきます。

まずは、おうちの近くの目黒区美術館

入館料は700円、ぐるっとパスで無料です。

ミューぽんを使っても150円割引になりますね。

 

本日初日の展覧会。

あいにくの雨の中、開館1時間後の11時頃伺いました。

f:id:shikibu56:20130403214928j:plain

 

平日の目黒区美術館にはよくあることですが、あんまり人がいません(´;ω;`)

佐脇さんご本人も来ているのにね、関係者の方がメイン。

恥ずかしなら佐脇さんという方を初めて知ったのですが、

この展示、好感触です。

1階は映像作品と写真に油彩を加えた作品がメイン。

2階はボックスや立体作品の展示。

2階には小部屋のような展示室が!

目黒区美術館では初めて見ます。薄暗さが心地いいです( ´∀`)

ボックス作品のランプが浮かび上がって、非現実的な光景(*´ェ`*)

この展示室の雰囲気すごくいいです。

 

作品は、未来とも過去ともつかない風景を描いています。

平面であればモノクロだったり、立体では錆ついた金属で表現される風景。

近代の産業遺産のような感じもするし、

遠い未来での現代の遺物のような感じもする。

見ていると、あれこれ色々と想像をしてしまう。

立体作品はどれも俯瞰的で箱庭を見ているみたいでワクワクします。

特に気に入ったのは大きなタンクが4つ並んだ立体作品。

目線を下げて眺めるとなんだかエジプトの神殿のようでした。

 

こちらの展示は男性でも女性でも楽しめそうです。

特に廃墟好きの人はワクワクしちゃうかも。

f:id:shikibu56:20130403214937j:plain
 
外にはワンコもおりました( ´∀`)
こちらの小作品はミュージアムショップで小さいのが販売されていました。
 
 
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
tel.03-3714-1201 fax.03-3715-9328
広告を非表示にする