読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

国立西洋美術館/手の痕跡

清澄白河の東京現代美術館から移動して、国立西洋美術館です。
ちょっとお腹が空いたので、上野駅アトレのカフェ・レカンで軽食。
ブリオッシュを使ったクロックムッシュとコーヒーのセットで630円。
お得ですし、パンがふわふわ、ハムの塩味かきいていてなかなか美味しい。
席数は少ない上に喫煙可だけど、
上野で小腹が空いたときの候補にいれておきます。
f:id:shikibu56:20130205133557j:plain
チケットは例に漏れず、カウントアートで当たったもの。
今回のチェックインははずれ(>_<)
f:id:shikibu56:20130205133342j:plainみんな大好きハイカルチャーっぽい展示だけあって
最終日午後にも関わらず、ほどほどの賑わい。
展示作品はロダンとプールデル、特にロダン多め。
国立西洋美術館なので、撮影は自由です。
新美術館のドマーニ展にも人を分けてあげたいですね( ;´Д`)
一点一点のキャプションが結構多いので、
作品のストーリーがわかっていいです( ´∀`)
f:id:shikibu56:20130205133403j:plain
NHKの特番見ると、ロダンは結構ダメ人間のよう。
長年ロダンに尽くしている女の人がいるのに、
若くて美人な弟子と関係持っちゃう。
結婚したのは長年連れ添ったほうで、
捨てられた弟子は精神を患って不幸な一生だったそうな(´;ω;`)
でも、ロダンは売れっ子。
 
ブロンズ像は原型を使い回せるとはいえ、
作品数多いです、どれだけ売れっ子だったのだろうか。
地下ではブロンズ像の作り方をモデルを使って説明していて、
それが一番の収穫だったかも。
星取法のモデルもありました!
基準となる点は正確に原型から写せるけど、
その点と点をつなぐ曲線は職人さんのセンスだそうです( ´∀`)

f:id:shikibu56:20130126162021j:plain

 

 
展示されていた作品で一番気に入ったのは、プールデルの瀕死のケンタウロス。
常設展は以前とおんなじ展示内容。
 
 
 
 
 
〒110-0007 東京都台東区上野公園7−7
03-5777-8600
広告を非表示にする