読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

式部のニート的放浪日記

スペイン生活・カワウソ・美術館・博物館訪問記・民族衣装とか徒然

66.武者小路実篤記念館

訪問日 2012/10/14

訪問順 ㉞

入館料 200円

交通費 340円

 

天気もいまいちな日曜日、多摩地区を制覇するべく出発。

京王線にのって仙川駅下車、徒歩12分ほどで武者小路実篤記念館へ着くはずです。

桐朋学園のさらに奥ですね、要所要所に案内板があるので

不安になりながらもたどり着くことができます。

途中の道はこんな感じ。

f:id:shikibu56:20121014120838j:plain

そして、武者小路実篤さんの旧宅敷地から成り立つ公園へ。

1500坪もあるらしいです、森森しています。池に鯉もいます。

勿論、虫にも刺されます(´;ω;`)

土日祝限定で旧宅の公開をしていますね、

仕事部屋や応接間は当時の様子が保存か再現されています。

建物自体は昭和30年代だったかな?開口部が多くて明るいお宅です。

f:id:shikibu56:20121014121352j:plain

公園から記念館までには道路が2本あって地下トンネルをくぐっていきます!

楽しい(^o^)

f:id:shikibu56:20121014122157j:plain

5分ほどで記念館へ。

f:id:shikibu56:20121014122313j:plain

秋季展「美を求めて」~実篤コレクションから~

展示室には実篤氏蒐集の古今東西美術品や生原稿が。

ルオーの道化師モチーフがあったんですが、どこか他の場所でも道化師みたような。

汐留ミュージアムだったか、どこだったか??

ゴッホのひまわりも戦前の日本で購入され、戦災で消失しているとは知りませんでした。

そう考えると、損保ジャパン東郷青児美術館のひまわりもよく残っているものですね。

実は、武者小路実篤さんは白樺派ということぐらいしか知らなかったのですが、

こちらで色々見て、著作を読んでみたくなりました。

 

 

調布市武者小路実篤記念館

〒182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30

TEL 03(3326)0648

http://www.mushakoji.org/index.html

広告を非表示にする